Vie di Romans Chardonnay 2018(ヴィエ・ディ・ロマンス シャルドネ 2018)

Vie di Romans(ヴィエ・ディ・ロマンス)

¥5,400 (税込¥5,940)

すべて冷蔵便で全国一律送料700円
平日14:00までのご注文は翌日配達(一部地域対象外

お客様のレビュー

Based on 1 review レビューを書く

イタリアの北の巨匠が
生み出した、
最も美しく
均整の取れた、魔性のシャルドネ

 イタリアでも指折りの白ワインの生産地に「北の巨匠」と呼ばれる男がいる。

 彼の生み出すワイン、特にこの素晴らしいシャルドネは、飲むもの全てを魅了する。



Smart Point 1

「北の巨匠」ジャンフランコ・
ガッロのワイン哲学

 ジャンフランコ・ガッロ氏、フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州の東、イソンツォのヴィエ・ディ・ロマンスのオーナーである。

 ワイナリーの三代目として生まれ、20歳の若さで後を引き継いだ彼は、経営や醸造あらゆる面で変革を起こしていく。

 芯にあるのは彼のワイン造りに対しての信念だ。
「ブドウは本来ワインを作るためにこの世に存在するのではない、種を守る為に生まれてくるのだ。ブドウの実、皮、汁は大切な子孫を残すために種を守る。その自然のサイクルを変化させワインは作られる。だからこそ素晴らしいワインを作らなければ自然に対し失礼だ。」(『イタリアワイン最強ガイド』《川頭義之著》より)



Smart Point 2

イタリア有数の
白ワイン産地フリウリ

 北をアルプス、東にユーラシア大陸、南にアドリア海に囲まれたこの地域の気候は独特だ。

 アルプスから吹き下ろす冷たい風とアドリア海からの温かい風に加えて、大陸の方角から時折ボーラと呼ばれる強烈な冷風が吹き付ける。

 この温と冷の風の混ざり合いによって、冷涼なエリアのアロマと温暖なエリアのアロマの両方を持つ葡萄が生まれるのである。



Smart Point 3

ローマ法王も惚れ込んだ、
魔性の白ワイン

 ワイン誌での評価は言うまでもなく高いが、彼らの顧客リストの面々には驚くだろう。イタリアの元首相ベルルスコーニ、俳優ロバート・デニーロ、極め付けは前ローマ法王のヨハネ・パウロ2世。

 セレブ達の心を射止めた理由は、飲んでみればわかるはずだ。



結論

悩む必要なんて無い、
文句なしに美味しいワイン。

 誰も不味いワインを飲みたいなんて思う人はいないだろうが、そうは言っても外れを引くことだってある。

 でも、私の前でこのワインを飲んだ人の中に、顔をしかめた人は一人もいないし、これからもそうだろう。優雅に白を飲みたいなら、これを選べば良い。文句無しに美味しいと言える、世界でも最上のシャルドネのひとつだ。



 1900年の創業以来、家名の「ガッロ」という名前で親しまれていたが、アメリカの大手ワイナリーのガッロ社と商標で争った末に、1986年に『ヴィエ・ディ・ロマンス~Vie di Romans』(=ローマ人の道)に変更を余儀なくされた。現在の名称はワイナリーの所在地のローマ時代の街道に由来している。

 現在の当主は、3代目のジャンフランコ氏。歴史的な改革をいくつも進め、イタリアを代表するワイナリーにまで成長させた「北の巨匠」である。


 キラキラと輝く淡めの麦わら色。薄く緑がかかります。

 レモンピールのシロップ漬け、パイナップルやメロンといった甘いフルーツのアロマとブリュレの香ばしい木樽のニュアンス

 ファーストアタックはレモン的な酸味でスタートしますが、すぐにフルーツと樽由来の蜂蜜のような甘味が追いかけてきます。最初の酸はしなやかで柔らかく、アフターまで全ての調和を保ってくれます。バランスに優れた、非常によく出来たワインだと思います。

 穏やかなまとまりのあるワインなので、複雑な料理にもシンプルな料理にも寄り添ってくれます。このワインがソースになるようなイメージで合わせるなら、ヒラメや真鯛などのニュートラルな白身魚をオリーブオイルでソテーするだけでOK。チキンとキノコのフリカッセの様なクリーム系ともとても相性がいいです。

生産者 ヴィエ・ディ・ロマンス
地域 イタリア フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州
原産地呼称 フリウリ・イソンツォD.O.C.
葡萄品種 シャルドネ 100%