ブラン・ド・ブランってなんですか?

スパークリングワインのラベルに、「Blanc de Blancs (ブラン・ド・ブラン)」という言葉を見かけたことはないでしょうか。

“Blanc(ブラン)”とはフランス語で”白”のこと。

この表記は、そのスパークリングワインがどんな味わいなのかを推測するための、大きな手がかりになるかも知れません。今回はこの言葉の持つ意味について調べてみましょう。

目次

  1. 意味は「白の白」?
  2. スタイルの特徴と意図するところ
  3. 白葡萄と黒葡萄の役割

1.意味は「白の白」?

元々はシャンパーニュのラベルに表記されたもので、直訳すれば「白の白」。

「白葡萄で作られたスパークリングワイン」のことを指します。当然、ロゼなどの色づいたものには、この表記は適用されません。

同様の表記としては「ブラン・ド・ノワール」つまり「黒葡萄で作られた、色付きのないスパークリングワイン」も存在します。

黒葡萄の果皮を色素成分が抽出される前に取り出し、「白い」スパークリングワインにしたものがそれです。

2.スタイルの特徴

冷涼なシャンパーニュでは、白葡萄の鋭い酸味を和らげるために、ピノ・ノワールやピノ・ムニエといった黒葡萄をブレンドしてきた伝統があります。これは逆説的に「ブラン・ド・ブラン」のスタイルを示すことになるでしょう。

つまり、白葡萄のみで造られたスパークリングワインは、酸味が突出することになります。しかしブラン・ド・ブランの魅力は、その酸の美しさ。かつて弱点だった酸味は、栽培や醸造の技術の進歩、また環境の変化によって、人々を魅了するまでのストロングポイントに変貌を遂げたのです。


フランチャコルタ サテン

フランチャコルタ特有の名称”サテン”はブラン・ド・ブランにしか認められない

3.単一品種のシャンパーニュ

シャンパーニュファンならその名を知らぬものはいない、孤高のメゾン「サロン」。

毛皮商であった創業者のウジェール・エメ・サロンは、唯一無二の至高のシャンパーニュを生み出すために、単一畑、単一品種、単一ヴィンテージという、それまでのシャンパーニュの常識を覆すスタイルでワイン造りを行いました。これこそが「ブラン・ド・ブラン」の前身です。

全ての条件が完璧に揃った年でなければリリースされない「サロン」のシャンパーニュは瞬く間に噂を呼び、今も入手困難なワインのひとつとして知られています。

「サロン」のスタイルにインスパイヤされて生まれた多くのブラン・ド・ブランも、やはりその生産者の実力の証明という側面があります。糖度の上がりにくい白葡萄を単一でスパークリングワインにできるのは、限られた生産者のみに許された特別なキュヴェ。

伸びのある美しさとエレガンスに満ちたブラン・ド・ブランは現代の最高の贅沢のひとつです。


シャンパーニュ ブラン・ド・ブラン

磨き抜いた繊細さと親しみやすさが同居する、L&Rルグラのブラン・ド・ブラン

Written by Jun Murakami