ワインを飲むときの温度コントロール

皆さんはワインに限らず、ものを口にするときに温度が気になったことはありませんか?

どんな食べ物、飲み物でも最適な温度というものが存在します。

今回は、温度が味覚や嗅覚を経て、印象にもたらす影響から、ワインを最適な温度にする方法を学んでいきましょう。

目次

  1. 温度と味覚・嗅覚の関係
  2. 一般的な最適温度と印象
  3. お家でできる温度コントロールの方法
  4. あると便利なグッズ紹介

1.一般的な最適温度

一般的に、体温の± 25~30℃の飲み物が美味しいとされています。体温が36℃とすれば、冷たいものは6~11℃、温かいものは71~76℃ということですね。

赤ワインの最適とされる温度はこれよりも高く、18℃前後と言われています。

以前、北イタリアのピエモンテの生産者は、15、6℃ぐらいで飲むようにしてほしいと言っていました。いずれにしても日本の常温保存では、この温度でキープするのは難しそうです。

注意:夏場の暑い時期や運動した後などは、体が水分を効率よく吸収するために、冷たい水分を欲するようになりますが、過度に冷却したアルコール分は脱水症状を引き起こすこともあるので注意しましょう。

2.温度と味覚・嗅覚の関係と印象

温度と味覚・嗅覚には密接な関係があります。

香りは簡単に言えば、温度が高まると強まり、冷やされると弱まります。

出来立てのパンからはふんわりと美味しそうな香りが立ち上りますが、しばらく経って冷めたパンは鼻を近づけなければバターの香りを感じることはできません。

味覚は「甘味」「酸味」「渋味」「塩味」のそれぞれで受ける影響が違います。

甘味は温度変化の影響を受けやすい味覚で、体温に近い温度のときに最も強く感じます。

また、苦味や塩味は高い温度でマイルドに、低くなれば強く感じる性質があります。

酸味は一番影響を受けない味覚で、他の味覚とのバランスによって感じ方が変わります。

先ほど、赤ワインの最適温度を18℃前後とお伝えしましたが、感じる香りや味わいが変われば、そのワインに対する印象は大きく変化します。

温度を上げたら、甘味を豊かに感じ、渋味も和らぎますが、バランスを間違えると酸味が隠れることで締まりが失われるかもしれません。

反対に、温度を下げすぎれば、甘味が失われて渋味が突出してしまい、飲めたものでは無いかもしれません。しかし程よく冷やしてあげることによって、4つの味わいの調和が保たれ、伸びやかな酸の引き締まった味わいになります。

どんなワインであっても冷やすとタイトさがプラスされて、温度が上がるごとにソフトな印象になっていくと覚えておくと、微調整することができるでしょう。


ピノ・ノワール サンタ・ルシア・ハイランズ 2018

少し冷やして楽しみたい夏に美味しいピノ・ノワール

3.お家でできる温度コントロールの方法

さて、それでは実際のお家の中でワインを美味しい温度にするにはどうしたらいいでしょうか?

24℃の常温で保管していたワイン

赤ワイン
18℃
冷蔵庫に入れて40分(1℃冷やすのに約7分)
濡れたタオルを巻き、冷凍庫に入れて10分(1℃冷やすのに2分弱)
白ワイン
8℃
冷蔵庫に入れて3.5時間(1℃冷やすのに約15分)
濡れたタオルを巻き、冷凍庫に入れて70分(1℃冷やすのに約4分)
スパークリングワイン
5℃
白ワインの冷却時間+20%


冷やしはじめは時間がかかるので、考慮に入れて適宜調整をしてくださいね。

冷凍庫はちょっと無理矢理な裏技で、急速な温度変化はワインにストレスを与えますので、できればゆっくりと冷やしてあげてください。

ちょっと冷やしすぎちゃったな、という場合には室温に置いておくと30分ほどで5℃ほど上昇し、その後緩やかに室温に近づいていきます。

コクのあるシャルドネなどは、冷蔵庫の温度だとちょっと冷たすぎかと思いますので、飲む前の15~30分ほど前に出しておくと、丁度いい温度で楽しめます。


ヴィエ・ディ・ロマンス シャルドネ 2018

ちょっとだけ温度高めが美味しいシャルドネ

4.あると便利なグッズ紹介

最近では色々と便利なワイングッズがありますが、私が自宅でもとても重宝しているのが、クーラースリーブです。

冷凍庫で冷やしておいて、ワインボトルにスポッとかぶせてあげるだけでワインを冷やしてくれます。

自宅では冷蔵庫と冷凍庫に1個ずつ入れてあり、温度をキープしたいときや赤ワインをちょっとだけ冷やしたいときには冷蔵庫のものを使うようにしています。ワイン以外も冷やせるので何かと便利です!


さて、ワインの温度コントロール、いかがでしたでしょうか?
飲んでみて、ちょっとイマイチかな?と思ったら、こういう工夫で劇的に印象が変わることもありますので、ぜひぜひお試しください。

Written by Jun Murakami